2010年06月30日

舞台照明向けに役立つiPhoneアプリ

2.jpg
舞台照明の現場で役立つiPhoneアプリに、「LightCalc」 / 「LightCulcLite」 があります。

mzl_togunjrt_320x480-75.jpg
ビームアングルと照射距離を入力すると、投影面の大きさ(直径)を割り出してくれます。

このアプリの姉妹品には、プロジェクタ投影時に重宝するプロジェクタ専用補正計算アプリ「ProjectorCalc」もあります。
1.jpg

mzl_hfougtqp_320x480-75.jpg mzl_qsrlzpuq_320x480-75.jpg mzl_kltkcgzc_320x480-75.jpg

価格は(Lite版以外は)4.99$ですが、なかなか使い勝手が良さそうですね。でも、現場で使うには・・・やはりそんな時は自力で微調整になるのでしょうが。
posted by naturegirl at 19:36| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

紅光

世界の工場、中国で、内陸部武漢市において次世代DVD規格「紅光」が発表され、昨年、既に商品化されプレイヤー「九州ハイビジョン」が発売されたそうです。

「紅光」、英語表記はRed-Layだそうです。先日知人から教えてもらいました。
全地球人口の1/5を占める13億人が「紅光」を購入するとなると、あながちパクリとも言えない状況でしょう。
既にDVDの後釜としてワールドワイドに普及している「ブルーレイ」のさらに上を行くスペックとのこと。
ブルーレイですら触れたこともない私にとって、レッドレイとなると・・・。

しかし、知人から聞くまで全く無知だったことを思うと、まだまだ浸透していないようです。(知ってる人は知っていたのか?)
posted by naturegirl at 18:57| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

7月後半はイベント目白押し

7月後半はイベントが立て続けに開催されます。

7/17(土)12:00〜05:00 東京晴海にて
「Audio」東京エレクトリックミュージックフェスティバル
afa54da99ffae50e.jpg
国内外の電子音楽アーティストが、夏の東京に集まり、昼の12時(!)から翌朝まで歌い、踊り、狂う壮大なイベント。
VJ youさんがLEDパネルを背に映像空間演出を手掛けます。

7/25(日)19:00〜20:00 アップルストア銀座
「QuartzComposerワークショップ#7」
最近DMXにもご興味お持ちのDJGJ.jpメンバーによる、QuartzComposerワークショップ。
QuartzComposerを使って、他分野/異業界との連携・リンクを図り、QuartzComposerの発展性について日々模索されています。今回はどんなテーマになるのでしょうか?

7/28(水)20:00〜21:00 アップルストア渋谷
「VJワークショップ#22」
22回目(!)を数える恒例のレギュラーイベント「VJワークショップ」。
VJという切り口を主軸に、新製品の紹介や「コレ、VJに使えるんじゃない?」というようなビギナー向けの素材提案など、どなたでも楽しめる、良い意味でオーディエンスフレンドリーなイベントです。

7/29(木)19:00〜 六本木スーパーデラックス
ダンスマルシェ「花ゲリラ」
225-259720100729niflyer.jpg
コンテンポラリーダンスと視覚効果シンセサイザ「SynVisum」による空間演出イベント。
ダンスと映像、それだけでなく音楽や照明もリンクした実験的なイベント。
このイベントは「SynVisum」の可能性、単なる映像出力にとどまらない可能性を再確認できるイベントになることでしょう。

それぞれのイベント情報は、
http://naturegirl.jp/event/
に掲載しております。
posted by naturegirl at 19:00| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

QuartzComposerBook

QuartzComposer(=QC)をこよなく愛し、珠玉のQC作品を多数製作されている鹿野護さんが、著した書籍「QuartzComposerBook」。

mamorukano_1.jpg

国内では唯一ではないでしょうか、日本語によるQCの解説ムックです。
思えばこの書籍が、私とQCとの出会いでもありました。

まだお持ちでない方に、↓の動画で「QuartzComposerBook」のサワリがご覧頂けます。
http://www.youtube.com/watch?v=Rsxc0xtU_EU

QCコンポジションのサンプルをお探しの方、ちょっと異なる作風に触れたい方、このムックは役に立つと思います。

Quartz Composer Book クォーツ コンポーザー ブック [単行本(ソフトカバー)]
posted by naturegirl at 18:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

俺の部屋

先日、連れてってもらった「俺の部屋」。
すごーく良いです。
戦隊モノや仮面ライダーをはじめ、歴史ある由緒正しき“特撮ヒーロー”だらけの店内で、どれもこれも懐かしい・・・(嬉)。
untitled.bmp
特撮バー 俺の部屋

いやぁ、感涙ですね。
東映特撮作品を戦後?から順に集めたオープニング集DVDをひたすら見続け、2巻の終わりごろやっと「バトルフィーバー」や「デンジマン」が登場!
この近現代史は、後世に残さねばならないと、しみじみ思いました。
いまだに頭の中で「ギャバン」の歌が流れています。渋い歌声〜!

p1.jpg
デンジマンのロボット。超懐かしくて、涙出そうでした。
「何で胸に「エコ」なんだ?」との一言に、
「「エコ」じゃないっす!デンジマンの「D」っす!」

posted by naturegirl at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

ヨーロッパの街並み

話自体、どうと言うことは無いのですが、ヨーロッパ(確かウィーン?)の街並みをひたすら歩き回る作品にこんなのがあります。

「ビフォアサンライズ」
imgbd71b2a1zik7zj.jpg
ただただひたすら歩き回り、しかもたった一日の物語なので、旅行気分で鑑賞できる逸品。

昨日紹介したイベント「AUDIO」に参加されるVJ youさん、現在そのヨーロッパを歴訪中とのこと。
帰国は当分先ですが、ブログではパリやベルリンの有名クラブを紹介されています。
VJ YOU オフィシャルブログ
VJ先進国から吸収したインスピレーションを今回のイベントで存分にアピールされることでしょう。

ところで前出の「ビフォアサンライズ」、9年後に続編が完成。タイトルは「ビフォアサンセット」。今度の舞台はパリ。
83d7e37ce6cbac4174eb0e4bb78576cc.jpg
9年経つと変わりますね。
posted by naturegirl at 19:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

イベント「AUDIO」

afa54da99ffae50e.jpg

Audio | Tokyo Electronic Music Festival

2010年7月17日(土)の午後から翌朝にかけて東京晴海で大規模なクラブイベントが開催されます。

詳細はコチラまで→Audio | Tokyo Electronic Music Festival
iFlyerより→Audio | Tokyo Electronic Music Festival

この夏話題のビッグイベント「AUDIO」にはブログ紹介コーナーでおなじみのVJ youさんも参加されます。
LEDヴィジョンパネルを駆使して、迫力ある映像空間演出に挑戦されるそうです。
posted by naturegirl at 20:56| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

プロジェクタ用の雲台 その2

IMG_6721.JPG
↑これと

IMG_6722.JPG
↑これを

IMG_6720.JPG
↑プロジェクタの底面に取り付けた冶具に

IMG_6710.JPG
↑こんな感じに取り付けて、照明用スタンドに取り付けます。
パン/チルトは片手で、と言うわけにはいきませんが微調整どころか、大幅な修正可能な可動域です。
6/9に当ブログでお伝えした「プロジェクタ用雲台」サンプル案を師匠より頂きました。
その具体案を実際に再現してみました。見た目も、価格も、機能性も素晴らしい!現行販売している製品/部材の組合せで構成され、17mmダボに対応している照明用スタンドをそのまま流用でき、取り回しの柔軟性が特徴です。

プロジェクタを支えるクラスの雲台ですと、かなり高額になってしまうので、この組合せのコストパフォーマンスは文句ナシです。
どうですか?どなたか一度検証がてらお使いになってみませんか?


posted by naturegirl at 11:50| 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

空間演出への一歩「DoctorMX」その3

PCベースDMXチェッカ/テスタ「DoctorMX」に
“MAX 外部オブジェクト(MacOSX 用)”
が追加されました(中下部:「技術資料」欄より)。
6/10、6/11に当ブログで掲載した記事にある「Max/MSP Jitter」に対応するオブジェクトです。
6/10 空間演出への一歩「DoctorMX」
6/10 空間演出への一歩「DoctorMX」その2

先日、この最新オブジェクトを使って「DoctorMX」と「Max/MSP Jiteer」の動作検証を行いました。
インタラクティブ性、汎用性、様々なインプットデバイスに対応する環境開発プログラム「Max〜」に対応したことで、DMX制御やDMX対応照明機器への出力を自由にコントロールできるのが特徴です。

これまで照明卓、DMXコンソールといえば業務用で大型、小型のものだと操作性が乏しく、実際の演出用途には物足りない・・・、という問題を解決する一つの手段になります。

「Max〜」は開発環境プログラムだけあって、一朝一夕で使いこなせるものではありませんが、設計がビジュアル的に分かりやすいので、少ーし勉強すればできるのかもしれません。「Max〜」マスタからは怒られるかもしれませんが、「QuartzComposer」にも近い印象を受けます(「Quartz〜」よりも複雑なプログラムが可能です)。

「Max〜」を主軸にした、音と映像と照明がインタラクティブに絡み合う空間演出が現実化する新機能です。

関連記事→DoctorMAXプロジェクト、本格始動!
「DoctorMAX」。正直、このネーミングはイケてますね。
posted by naturegirl at 19:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

動きに特徴

ムービングウォッシュライト、商品名は「コブラ」。

cobra


人間の腕?に構造に似た、2つの関節を持つムービングライト。
見る人によっては、動物のシッポのイメージもあるようです。
パンが1ch、チルトが2chで従来のムービング卓では制御不能とまでは行きませんが、データ打ちに頭を使いそうですね。
賑やかしに使うのであれば、デモモードがお勧めです。
暗所で動かせば、LED光が予測不能な動きをするので、アイキャッチに効果を発揮します。
以前から大きな展示会では見かけることもある、まさに飛び道具的な動きが特徴です。

R/G/Bの高輝度LED3Wx30発。15°とナローな照射角。DMX12chで制御。
たまにはこういう製品も良いのでは???

posted by naturegirl at 19:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。