2010年08月31日

METAMORPHOSE

静岡県伊豆市で開催される、国内最大級の野外フェスティバル「メタモルフォーゼ」。
9月4日(土)の夕方から、翌朝にかけて、自然と音楽に酔いしれる一夜となります。
今回は10周年。
ブログコーナーでお馴染みのアップル社公認ユーザグループ「DJGJ」のスタッフも、VJとして参加予定。
「LUNAR」で20:30からQuartzComposerを使ったVJパフォーマンスを披露されます。

topimg2.jpg

詳細はコチラまで↓
公式サイト:http://www.metamo.info/
DJGJ.jp:http://blog.djgj.jp/2010/08/quartzcomposer.html
イベント情報:http://naturegirl.jp/event/index.php?eid=00021

日時:9月4日(土) 開場16:30 / 開演18:00
会場:静岡県伊豆市「自転車の国 サイクルスポーツセンター」にて。
posted by naturegirl at 13:51| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

district 9

先日観たのが「第9地区」。本年上映されたSF映画作品の一つです。

内容は様々なブログなどで紹介されていますし、DVDも発売されているのでそちらをどうぞ。
考えさせられる内容で、甲殻類が苦手な私でも嫌悪感無く鑑賞できました。

さて、この作品でもSFモノによくある、近未来の乗り物の操縦席。空間にパレットが浮かび、マルチタッチスクリーン状にツマミやら、ボタンやらを操作する、と。空間に浮かび上がったオブジェクトを操作するので、厳密にはタッチしていない?のかもしれませんね。
新しい操作盤を考えると、「マイノリティレポート」しかり、このようなARテクノロジーを使った空間系ユーザインタフェイスに集約されるのでしょう。
この作品においては、ほんの一瞬の操作ですが、映像化してみると気になるシーンでした。




posted by naturegirl at 17:18| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

動画と静止画

昨今のデジタルカメラの普及により、撮影した写真をその場でチェックし、良し悪しを確認できる環境というのが常識になりました。
一昔前までは、現像したら「アレ?」というような不出来な写真に一喜一憂したものです。

デジタルカメラの普及に伴い、いまではデジタルカメラで動画も撮影できるようになりました。解像度はともかく、携帯電話に搭載されたカメラでも動画は撮れるのですから、日常的に動画を撮影する機会も増えます。もう動画も写真(静止画)もメールで送れる情報の一つですね。

さて、表題の「動画と静止画」ですが、先日都内某所にて巨大な壁面にプロジェクタで投影する、という実験を視察しました。
そこで、感じたのが「動画と静止画」の“差”です。
静止画の場合、壁面に投影するものの「描かれた“絵”」という印象が強く、投影するだけで人目を惹くというものではありません。コンテンツ自体がインパクトのあるものなら別ですが、静止画ですと強烈さは欠けるようです(決して静止画が悪いというのではありません)。
対して動画の場合、コンテンツは何であれ“動くモノ”へ自然に人間の目は吸い込まれるようで、注目を浴びていました。(なるほど、確かに薄暗い部屋の片隅でガサゴソ動く昆虫などには、戦慄を覚えますね。)

これまで文字だけの情報で商品を判断していたものに、写真(静止画)が付加されることで人は選択しやすくなりました。レストランの食事メニューなどが良い例です。さらに動画情報も追加されれば、さらにサービス性の向上につながりそうです。

SynVisum.jpg
SynVisum
手始めにSynVisum&Macなどは、初期コストも抑えられるのでオススメですね。
posted by naturegirl at 19:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

Sunliteシリーズ、装い新たに!?

IMG_7052.JPG

EasyStandAlone最新版U8が正式リリースされ、Sunliteシリーズが出揃った感があります。
とはいえシリーズ製品が多く、当サイトでは一度整備し直して、もう少し分かりやすくご紹介する予定です。
現在、商品構成、スペックをカテゴリ分けし直しておりますので、発表までもう少々お待ち下さい。

上記画像は、Sunliteシリーズのオンライン(ライブ)シリーズ“Suite”の新パッケージです。
posted by naturegirl at 18:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

帝釈堂法華経説話彫刻

800px-Shibamatataishakuten_Sculpture_Gallery.jpg

葛飾区にある題経寺の帝釈堂内殿外壁には法華経説話彫刻が施されております。
正面以外の三方向ぐるりが装飾彫刻によって埋められており、上下二段の構成。
この上下二段というのは見学者の通路が上下二段になっているということです。
通常高さ3-4mくらいの場所に設置されている作品を、ここではとても間近に、見ることができるのです。
見学は有料ですが一見の価値有です。

宗教的な側面が色濃い内容(説話10偏を表している)ですが、法華経に関心なくとも楽しめます。
造形芸術ゆえ、斜めから見ても浮かび上がってくるような構造には驚きです。
2Dと3Dの中間。2.5Dというような作品です。
さすがに木材細工なので、経年劣化している部分はありますが、題経寺側も装飾彫刻周囲をガラスで覆い、空調設備も整え、保護を徹底しておりました。

手の届く距離で、職人技の彫刻技術を見ることができる題経寺は、別名/通称「柴又帝釈天」と呼ばれています。
posted by naturegirl at 17:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

EasyStandAloneの導入例

当サイトでも販売しているEasyStandAloneシリーズ。
0310_slesau8_1268920624.jpg
先日のブログで紹介したのはU8でした。
EasyStandAlone/U8

さて、このEasyStandAloneですが、都内にある「記念館」で使用されています。
こちらでは人物の生い立ちを紹介する、6つの小さなブースがあり、そこで照明のキッカケを受けてシーンを再生する仕組みです。
キッカケはボタンスイッチのON/OFF、ON信号が入力されると音声と映像(静止画フィルム投影)と照明の演出が実行されます。
シーンが終わると、またスタート値に戻るという仕組みです。

単純ですが、音と照明(と静止画)が連動することで、臨場感あふれる仕掛けが、来場者を喜ばせていました。




posted by naturegirl at 18:10| 商品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ケイムショ展

以前、当ブログでも紹介した若手アーティストの一人 増田翠さんが日曜から原宿デザインフェスタギャラリーにて展示会を開催されるそうです。

「ケイムショ展」
囚人:増田翠、藤岡晃維
場所:原宿デザインフェスタギャラリーEAST 3F 303
22日(日)15:00〜20:00
23日(月)11:00〜20:00
24日(火)11:00〜18:30
3日間だけの期間限定イベント。
今回の展示ではボーダーをテーマに「ケイムショ展」と題し、それぞれ個人の制作を進めました。
増田さんは新作を含めた3点展示されるそうです。

アクセス
■JR山手線 原宿駅下車
■東京メトロ千代田線/副都心線 明治神宮前駅下車
■東京メトロ千代田線/銀座線/半蔵門線 表参道駅下車
posted by naturegirl at 18:42| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

LED Par-363TRI

新製品「LED Par-363TRI」。
1.jpg

SMDタイプLED(1W)を36発搭載したウォッシュライト。
R/G/B、それぞれ個別に点灯する従来型に比べて、至近距離でのカラーミックスでも美しい混ざり方をするSMD(1チップ)仕様。
発光する灯体を正面から見ても、R/G/Bの粒々感が軽減されています。

筐体はPar-541モデルと同等ですが、この363TRIには、ブラックだけでなくホワイトバージョンもあります。

DMX制御はR/G/Bの3chモードとグランドディマー、カラーミキシング、エフェクト、ストロボを制御可能な7chモードがあります。
*7chモードの場合、さらにストロボ動作の詳細設定にプラス4ch、全11chで制御可能。

本体後部のボタンスイッチ操作により、ディミングに緩やかな遅れ=ディレイタイムの設定が可能(0-255段階)。
他灯体との調光バランスを取る際に重宝します。
ビームアングル:40度。重量4.5kg。筐体色ブラックが定価¥70,000、ホワイトが¥74,000になります。

フル点灯した際に若干赤みがかるのと、若干の空冷ファン音はするのですが、
価格、光量、美しいカラーミックスのバランスに優れたLED製品です。
LEDウォッシュライトをお探しの方にはイチオシです!
入荷数が少量の為、すぐに売り切れる可能性があるので、ご検討の際はお早めにご連絡をお願いします。

実際の販売価格はさらにディスカウント致します。↓こちらをご覧下さい。
LED PAR363TRI BK
posted by naturegirl at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

子供にも楽しめるプロジェクタ

簡易ライタにLEDが仕込まれてペンライト代わりに使用できるもの、さらにそこにフィルムが仕込まれて“絵”を照射できるもの、といった具合に静止画を投影するプロジェクタ仕様製品はずいぶん身近になってきました。

プロジェクタ図鑑
A090212_photol.jpg

先日、自宅にもらいものの玩具がありました。
何気なく見てみると、ボタンを押すとLEDが点灯し、フィルムを投影します。フィルムは全部で3種類。肉食系/草食系などジャンルによって分かれています。ピント/フォーカスは先端を回して調整します。
「シマウマ」など、それなりの画質で、それなりに大きく投影されます(2m離れて1m角くらいでしょうか)。
フィルムは回転式で、10種くらいの動物がおり、全部で30種類くらいでしょう。ちょっと眠る前に天井に映したりもできるのも魅力です。子供にとってはなかなか楽しい玩具のようで、トイレ、洗面所、食卓などなど、いたるところで動物が現れ、消えていきます。

幼少期にこんなふうに(簡易)プロジェクタに触れ合うことも、空間演出の第一歩なのでしょう。
posted by naturegirl at 18:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

デジタルサイネージと自動販売機

暑い夏です。
飲料系の自動販売機がフル稼働している時節柄、この自動販売機にもデジタルサイネージの波が押し寄せています。
index_ti001.jpg

鉄道のJRグループの飲料部門が手掛ける新型自動販売機がこの「acure」です。
要は
・タッチパネル式
・大型画面
・マーケティング効果
が特徴でして、タッチパネルと大型画面は見てのとおりで、マーケティング機能ですが、これは識別カメラによって、購入者の性別/年代に即した売れ筋商品を勧める、というもの。
さらに外気温や時間帯にも合わせた商品提案が可能だそうです。

デジタルサイネージのメリットが大きくクローズアップされた、魅力的な自動販売機ですね。
でも、やはりコンテンツ。
飲みたい飲料製品が有るか?ないか?
最終的には、コンテンツ部分が重要ですが。

現在、JR品川駅に最初の1台が設置されているそうです。
posted by naturegirl at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。