2010年10月29日

XEX日本橋「Whistlebump Halloween」

今週末は「ハロウィン」絡みが多いですね。

2f85a3348de8000c.jpg
Whistlebump Halloween
明日、東京日本橋の高級レストラン「XEX日本橋」にて、ハロウィンパーティが開催されます。
XEX日本橋
http://www.ystable.co.jp/news/2010/9e.html

このイベントでは、海外で話題をさらうハウスDJ「Red Rack'em」氏が来日/登場します。
また音楽だけでなく、照明や映像にも凝った仕掛けが予定されています。
空間演出の発起人はvj youさん。
かなり入れ込んでらして、“LVJ(=ライティング・ヴィジュアル・ジョッキー)”的な立場で演出を校正されています。
XEX日本橋、10/28にOPENしたばかりの新店とのこと、このXEX日本橋も非常に興味深い建物だそうです。

詳細はコチラまで→Whistlebump Halloween
posted by naturegirl at 17:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

空と宇宙展

10/26から、東京上野の国立科学博物館では
「空と宇宙展」
http://sora-uchu.jp/index.html
が開催されています。

本年6月に長旅から帰還した探査機「はやぶさ」のカプセルも公開され(期間限定:11/7まで)、100年にわたる日本の航空技術史とその成果が紹介されています。

ニコニコ動画サイトでも、この「はやぶさ」の偉業が讃えられています。7年間にわたる一人旅、60億kmという長旅を終え、無事に地球に戻った「はやぶさ」。帰還後は、日本各地でその帰還カプセルが公開行脚されており、先日から東京上野の「空と宇宙展」に特別展示されています。

さて話は変わって
IMG_7241.JPG
スモーカが非スモーカになれそうな味の「禁煙飴」。

これは効きそうです。
食事前はちょっと避けた方が良さそうな強力なフレーバ。
どうしても一本、でもここは禁煙だし・・・というような時にお勧めです。
そこで、怖いもの見たさで、禁煙飴を口にしつつ、メンソールを吸ってみました。
うーん、何とも言えずまろやかな感じ。意外と普通でした。
posted by naturegirl at 19:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

超小型LEDスポット「HP Mini」

00000277.jpg
HP Mini RGBW 定価¥44,000.-

高輝度LED3W×18発、R/G/B×各5発にホワイトが3発。ビームアングル25°。消費電力:60W。
242×206×152mmと非常に小型で、重量は2kg。屋内仕様。
DMXでの制御も可能で、3chから最大8chによる制御モードの設定ができます。

この小ささで、予想以上の光量、DMX制御可能でRGBだけでなく、ホワイトも搭載された高機能LEDスポットライトです。ホワイトのみで照射した場合はかなり照度/光量が落ちますが、それでも暗転した小規模スペースでは充分な明るさがあります(フル点灯時は、若干ピンクがかります)。

これは一度実機サンプルをご覧頂き、検討されるのがオススメの製品です。
ご要望はコチラまで→info@naturegirl.jp
posted by naturegirl at 17:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

レーザージョッキー

音楽を紡ぎだす「DJ」、映像素材を音楽に合わせて繰り出す「VJ」、そして照明も含めた空間全体を演出する「LJ」もしくは「LVJ」・・・と、様々な媒体を通してパフォーマンスは生まれますが、最近レーザーを自在に操るソフトウェアを教えてもらいました。

いくつか種類はあるようですが、今回はその中の一つ「QuickShow」というレーザーオペレーティングソフトです。

1.jpg

キャッチコピーが「Lasershow Designer」。見学してみて、まさにそのとおりでした。
GUI画面構成をみても分かるとおり、サムネイル表示されたパターン(という呼び名で良いのか?)を選択し、出力ボタンを押すとレーザー演出機器から出力されます。
quickshow-screen-animated-loop.gif
レーザー機器なら何でもOK、という訳でなく、“ILDA”という規格に基づいた製品と連動することができます。演出照明業界の“DMX”に近い存在かもしれません。
パソコンのソフトウェアと“ILDA”に対応したレーザー演出機器とは、D-Sub25Pinで接続します。この接続には、インタフェイスBOXが必要となり、

ILDA対応レーザー機器
↑(D-Sub25Pin:ILDA)
インタフェイスBOX
↑(USB)
WindowsPC:QuickShow

というセッティングになります。
また、このQuickShowソフトを外部DMX機器からコントロールできるようです(この点はテストが必要ですが)。またプリインストールされている

まるでVJソフトウェアのように、自在にレーザー演出が可能になるのは、非常に興味深い製品でした。まだまだ勉強の余地は十二分にあるのですが、とにかく、“感動”しました!
posted by naturegirl at 19:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

BPM -Trak.04-

halloween02.jpg
“BPM Track04 x 300BAR Halloween Party”

東京銀座の一等地“300BAR”で開催されるライブイベント「BPM」。10/30(土)の第4回目「BPM」は「300BAR ハロウィンパーティ」とコラボ企画だそうです。

本年最後の「BPM」、アイリッシュフィドルパフォーマンスや童謡R&B、バグパイプ、フラワーアレンジメントにライブペインティングなどなど、雑多で盛り沢山な内容のイベントです。
おなじみの舞台女優兼アーティスト 白山からん さんも参加され、アートライブペイントなさるそうです。

当日、仮装して来店すればスペシャルドリンクプレゼント!とのこと。さらに仮装パレードも予定されています。

詳細はコチラまで→“BPM Track04 x 300BAR Halloween Party”

posted by naturegirl at 16:50| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

ワールドライティングフェア2010 開幕

ワールドライティングフェア2010が東京国際フォーラムで開催されました。


今日と明日の二日間開催です。初日の本日、視察しましたが結構な賑わいでした。
ワークショップ/セミナーへの参加者も大勢いらして盛況です。
照明家を志す、若い方々が熱心にコンソールの説明を受けられていました。
大規模な会場を借り切っての大型展示会とは異なる、マンツーマンの質疑応答が可能な舞台照明/美術のイベントです。

詳細はコチラまで→ワールドライティングフェア2010

来月はInterBEEが幕張で開催されます。展示会/学園祭などのイベントシーズンが到来しました。
posted by naturegirl at 18:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

デジタルだって、手作りだ。

1.jpg
武蔵野美術大学映像学科 進級制作展2010

会期:2010年10月20日(水)〜10月23日(土)
時間:10:00〜18:00(最終日のみ16:00まで)
会場:武蔵野美術大学内12号館地下展示室
   1階ビデオアトリエ及びフォトアトリエ
   12号館地下特設個人視聴スペース
主催:武蔵野美術大学映像学科進級制作実行委員会
協力:武蔵野美術大学映像学科研究室

若きクリエイタの皆さんが、精魂込めた作品を展示するイベントです。今週土曜日まで。
副題は「デジタルだって、手作りだ。」だそうです。まさに。そのとおりですね。

学園祭シーズン真っ只中、という感じですね。この季節になると、私は映画「ハチミツとクローバー」を想起します。
posted by naturegirl at 18:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

Reactable mobile

WS000000.JPG
Reactable mobile

QuartzComposerオフィシャルグループ「DJGJ.jp」さんが、展示会やイベントなどで公開されていた“あのテーブル”が、とうとうiPhone/iPadアプリとしてリリースされました。

画面上のフィールドに“コマ”を配置し、回したり、押したり、近付けたり、離したりすることで
フィジカルコントローラとして主に音響を制御するというもの。
音の高低や波長、フィルタを各コマに割り振って、独特なハーモニーを作り出すアプリケーションです。



ヨーロッパではクラブ環境などで、DJ/VJ/LJが体を使って表現するというもの。
大きなアクションで音響/映像/照明を操作するのはパフォーマーとして、眺めるのも面白い趣向です。
このアプリケーションは、iPhoneやiPadなどのモバイルデバイスでも使用できるので、ちょっとした小規模なイベントで無線で操作する際には重宝するでしょう。とても面白いアプリケーションで、実際のテーブルのそばで動かしても面白いかもしれません。
posted by naturegirl at 12:43| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

CamTwist

splash.png
CamTwist

カメラで撮影した動画を放送する「Ustream」が広まりつつある昨今です。
パソコンがあれば、個人放送局から様々な情報を世界へ発信することができます。
このように“放送”自体が身近になってきてますが、ただ単に撮影したムービーを発信するだけにとどまらず、より“放送”らしくエフェクト加工をするのに適したアプリケーションが「CamTwist」です。

取り込んだ素材に対して、アニメーションや文字、ピクチャーinピクチャーなどの映像演出を施すことで、凝った映像素材として配信することが可能な高機能アプリケーションです。
QuartzComposer形式のエフェクトも多重加工できるそうで、この点も特徴の一つです。


posted by naturegirl at 19:15| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

ワールドライティングフェア2010

ワールドライティングフェア2010が今週末開催されます。
hyousatsu.jpg
会期:10月22日(金)/23日(土) 両日とも10:00-18:00
会場:東京国際フォーラム ホールB7

ワールド・ライティング・フェア(WLF)は、1986年から3年間続けて開催された「ライティング・パフォーマンス」から「ワールド・ライティング・フェア in TOKYO」へと発展的に継承され、今年で25年目を迎えることになりました。
この間、技術革新と市場の国際化に合わせた日本発の舞台技術の国際産業展として定着し、エンターテインメント業界における「人と技術の交流の場」を提供する絶好の機会として、サンシャインシティ、幕張メッセ、パシフィコ横浜と会場を移し、二年に一度開催され、前回のWLF2008では、46の企業・団体(国内29・海外17)が出展し、2万人を越える来場者を数えました。
【公式ウェブサイトより】


2年おきに開催されてきた「ワールドライティングフェア」、今回は会場を東京国際フォーラムに移しました。
展示物品のカテゴリも、これまでのハードウェア主体から、ソフトウェアへ方向転換し、セミナー/ワークショップも充実した内容になっています。国内照明業界の「今」を垣間見ることのできるイベントです。
土曜日の10月23日も開催されるので、皆様お誘い合わせの上、ご来場下さい。

詳細はコチラまで→ワールドライティングフェア2010
posted by naturegirl at 19:12| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。