2010年11月30日

AVATAR その2

ところで「AVATAR」の監督は有名なジェームス・キャメロン、そういえば20年ほど前に「アビス」という作品も監督していたんですね。
photo_31.jpg

ちょうど彼の出世作「エイリアン2」の後になります。
代名詞と言えるほど「アビス」は有名な作品ではないのですが、内容は面白く、今でも好きな作品の一つです。(もしかしたら好き嫌いの分かれる作品かもしれませんが・・・。多分良い物語すぎるから?)

ただ、「アビス」の監督なら「AVATAR」の世界観は生み出すのだろう、と思いました。“テーマ”は非常に似通っているように思うもので。
そういえば「ストレンジデイズ」も製作に関わっていたそうで、いずれにしてもジェームス・キャメロンが好きなんだと再認識しています。掘り下げると彼の製作スタンスに共通点があるような気がします。来年の「BattleAngel」にも期待しています。

AVATARって、インド・サンスクリット語「アヴァターラ」(神仏の化身の意)を語源にしているそうです。
posted by naturegirl at 18:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

AVATAR

アバター、見ました。3Dじゃないですが、2Dでも十分面白かったです。
125112822583116425857_Avatar-0001.jpg

これから楽しみに見る人もいると思うので、詳細は省略します。
3Dという点が非常に話題になった作品でしたので、映像的に、そしてカメラワーク的に3Dとして見ることを前提にしたような場面が随所にあったように感じます。また映像として非常に美しく、反面美しすぎて完璧すぎる、という感じが少々しました。
ストーリー的には感慨のある内容です。とても考えさせられる内容です。大々的な3D娯楽作品にこの内容(テーマ)を持ってきたことに意義があったのかな、と思うほどです。いろいろ調べてみると、かなり深くまで掘り下げられた世界観/設定になっています。

家族揃って見ても楽しめる、(ちょっと長いけど)素晴らしい作品「AVATAR」。是非。

posted by naturegirl at 18:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

Bullet's

昨日は雨の西麻布でイベント「SoundGallery vol.3-minamo-」を視察しました。
VJyouさん、VJmieさんなどがLED照明、音響、映像の空間演出を試されています。youさんはDoctorMXを介して、VJと照明の連動を実現されていました。
弦楽器とのコラボレーションと、都会の片隅地下1F「Bullet's」の“外国人の自室パーティルーム”のような雰囲気(靴を脱いで、ソファやベッドやカーペットにくつろぐ)の環境下で、メローでアンビエントな時間とスペースの提案でした。
かなり、ゆったりとしたイベントでしたね。
IMG_7301.JPG

さて本日は、神楽坂シアターイワトにて、ダンスと照明と映像のコラボーレションイベントが開催されます。
Dance Marche DANCE PERFORMANCE vol.2「moondial〜月と会話」
1.jpg
私は残念ながら視察できませんが、今回も第一回に続いてSynVisumが活躍するそうです。
映像と照明の連動を体感できるイベントです。SynVisumをご検討される方は是非ご来場下さい。

詳細はコチラまで→Dance Marche DANCE PERFORMANCE vol.2「moondial〜月と会話」
posted by naturegirl at 11:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

Compulite iControl

スマートフォンブームの火付け役「iPhone」専用アプリケーションに対応したもので、最近は各国のDMXコンソールメーカが自社製品のアイフォンアプリの公開が進んでいます。

先日発売された「ステージ&ライティングの現場VOL.5」にも、アイフォンアプリ特集が組まれていますね。私はRoscoの「myGOBO」アプリがお気に入りでして(当ブログでも紹介しています)、かなり有効に使っております。これはオススメです!

さて、先月のことですがDMXコンソールを主力製品として展開するCompulite社から「Compulite iControl」アプリが発表されたそうです。
Wi-Fiでアイフォンから簡単な遠隔操作が出来るアプリケーションだそうです。
1.jpg
Compulite iControl

今はまだ無料ダウンロード可能だそうですが、いずれは課金するかも?とのこと。
VectorやDliteを使っている方、検討している方はこのアプリをインストールしてみてはいかがでしょうか?
posted by naturegirl at 19:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

Surefire

G2L-BK_large.jpg
SureFire

高寿命、省電力というLED光源の特性と、なくなりつつある価格差から日用品でもLED光源を用いた製品が流通しています。
緊急時には必要な懐中電灯でも同じことが言えます。

一口に懐中電灯と言っても、色々な種類がありますが、このSureFireというブランドは海外で広く知られた製品で、特に警察や消防士、軍関係者にユーザの多い本格派だそうです。
形状や重量、オプションパーツ類の豊富さが特徴で、大人の趣味の世界感が強い製品でして価格もそれなりです。
驚いたことに、オプションパーツによっては繁華街などの特定地域で所持するだけで没収される可能性もあるものだそうです。それもその筈で「TacticalLight」という肩書きを持っているとのこと。一口に懐中電灯とは言えども、実に奥深いカテゴリなんですね。
posted by naturegirl at 17:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

SoundGallery vol.3〜minamo〜

ヴィシュアルレーベル「アトリエオー」の主要メンバーの一人VJ youさんがイベントを開催するそうです。

「SoundGallery vol.3〜minamo〜」

【日時】11月25日(木)19:00-22:00
【会場】西麻布Bullet's→http://www.bul-lets.com/top.html
【備考】エントランスフリー

youさんからのメッセージ
普段のクラブ仕事とは160度ぐらい違いますが、そういえば自分の活動って、最初はこういう展示だったなあと思いだしました。
イベント自体は22時終了ですが、その後も適当に飲んでいるので、仕事帰りに一杯飲みに来るだけでも大歓迎です。
お時間ありましたら是非起こし下さい。


youさんの展示イベントが主体で、「PhotoIllust」と「記憶とジャンクの狭間に」の2シリーズから。
オーディオビジュアルライブとしてVJyou+Akiさん、空間演出にVJmieさん、映像インスタレーションにHekomiYoshikawaさんが参加されます。
3時間だけの展示イベントですが、youさんが今後仕掛けていく空間演出の一つのカタチとなるのでしょう。
「SoundGallery vol.3〜minamo〜」、音と映像が空間に溶け合うイベントです。
posted by naturegirl at 19:49| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

Atelier O

1.jpg
アトリエオーは、VJを中心としたヴィジュアルアーティスト有志が集結して設立されたヴィジュアルレーベル。

VisualLabel Atelier O

「アーティスト」という側面を強く打ち出し、なおかつ“仕事”としての映像/空間演出業務をサポートしていくそうです。
既存のいわゆるマネージメントレーベルのような組織性というよりは、所属するアーティストはそれぞれ独立し、(場合によっては)共同で業務にあたる、というスタンスの集団です。

特にアトリエオーは、個々人が最先端の環境で活躍しているので
・スタイリッシュなモーショングラフィックス
・最先端の空間演出プログラム
・インタラクティブな空間演出
を得意とし、「映像」の枠にとらわれない、クロスオーバー/クロスメディアな活動を展開しています。
セミナー/ワークショップも計画されており、今後の“空間演出”について一石を投じるレーベルになるのではないでしょうか?
アーティストの新規所属希望者も募集しております。是非、アトリエオーのHPをご覧下さい。↓

VisualLabel Atelier O

posted by naturegirl at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

Lighting and Visual演出



先日、広尾「HIROO lounge」にて開催されたポールダンスパーティ「SweetCandy」の模様。

映像演出/VJとして活躍されているVJ youさんが、本格的に照明と映像を連動させた“空間演出”を実践されました。
ここでは、一台のノートパソコンで照明とムービングプロジェクタx2台、そして映像素材の出力までこなしたそうで、「全部を一台で操作できるようになったので、だいぶ全体感が出せるようになってきました。」とのことです。
素晴らしい!です。

そんなyouさんのオフィシャルサイトはコチラ→VJyou official HP

そしてyouさんらヴィジュアルアーティスト有志が結集して設立したレーベルがコチラ→Visual Label Atelier O

次報はこのアトリエオーに関して。
posted by naturegirl at 20:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

世界最小スキャナー

物理的な“紙”をデータにすることは、持ち歩いたり、ネット回線上で取得したり、共有したりする際に非常に便利です。名刺などは、読み込むだけで瞬時に会社名、個人名、連絡先をデータベース化して管理できるソフトも出回っており、実際に使用されています。
より多くのデータを極力最小形体へ、ということで書面類をパソコンに取り込んでデータとして保持する、その際に使用するのがスキャナーです。
new101115-001.jpgnew101115-002.jpg
PFU ScanSnap S1100

世界最小クラスのスキャナー。あらゆる環境下でA4書類をPDF化可能。プラスチックカード類も読み込み可能だそうです。
Windows、Mac両プラットフォームにUSB接続して使用できます。
(アップルストアでは、ホワイトバージョンも限定販売されるようです。)

昨日のプロジェクタやネットブック/タブレットPCなど、どんどん小型化が進みます。
でもビジネスパーソンからすると、何でも持ち運べてしまえる環境に比例して、仕事がはかどるかどうかは別問題かもしれませんね。

posted by naturegirl at 18:48| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

小型・軽量プロジェクタ

最近のプロジェクタ事情ですが、低価格でもそこそこの機能のものが多数発売されており、超高解像度というではありませんが、それでもSVGA(800x600)クラスの画素解像度を持っています。

EB-S9_500x500.jpg
EPSON Endeavor EB-S9

K0000072329.jpg
NEC ViewLight NP110J

X1130-05.jpg
ACER X1130P

コンパクト/軽量と言う点、にも関わらず2000ルーメン超/高コントラスト比というスペックを持ち、
用途としては、ビジネスシーンのプレゼンテーション向けに開発されています。
ですが、VJ用途としても、コンパクト/軽量/そこそこのスペックと言うのは、小規模な仮設イベントなどに適した機材と言えます。
アブストラクトな素材を出したり、極端に高精細なフォント類を出すことも無ければ、そこそこの出力スペックでも及第点かもしれません。
幅は依然としてありますが、裾野の価格もずいぶんと下がってきましたので、コストとのバランスを考えると、現場環境によっては充分対応できるかもしれませんね。
posted by naturegirl at 16:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。