2011年12月27日

Timescape


SynVisumで簡単なデモムービーを作製する機会があり、非常に優れソフトだな、と深く感じ入りました。

パソコンベースの、特に何も素材が無い環境でも、ここまでできるのだ、と感心しました。

とはいえ、やはり実際の風景画像はやはり臨場感という点ではかないません。
下記の動画などは、非常に美しい”一瞬”を切り取った内容です。

TimeScapes 4K from Tom Lowe on Vimeo.




posted by naturegirl at 19:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

車椅子の未来

技術応用がこんなところに役立っています。

p_WHILL from campfirejp on Vimeo.


パーソナルモビリティ WHILL

健常者にはなかなか理解されにくい、車椅子ユーザからの視点をコンセプトに盛り込んだデザインと技術の応用。
100m先のコンビニをあきらめてしまう
というユーザの声から、多くの有志が集まり、新たな車椅子をデザインしたそうです。
このWHILLの優れているところは、既存の車椅子に着脱できるという点でしょう。これは浸透してゆくのに大事な要素ですね。
またこのWHILLは今年のモーターショーにも出品されたそうです。こういったコンセプトを取り込むことも、展示会の大きな役割と言えます。

オフィシャルサイトはコチラ→WHILL
posted by naturegirl at 20:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

EPSON MOVERIO BT-100



最大320インチ相当の大画面を体感できるメガネ型のプロジェクタ「EPSON社MOVERIO BT-100」。
実際に装着してみました。
すごいです。
私は3Dコンテンツを体感しましたが、まぁ、浮かぶ感じですね。
ソフトな付け心地も違和感はありません。
しかも、すごいのは、シースルーなんです。
プロジェクタ画面を見ていると、没頭してしまいがちですが、なんと背景も透けて見えるので、現実空間に画面が浮かんでいます。
このシースルーというのは、世界初だそうです。

先月末から販売開始しており、オープン価格だそうですが、実勢価格は6万円くらいとのこと。
この技術と製品化する心意気に感動です。
バッテリ駆動可能ですので自由に持ち出せます。使用場所を選びません。

ただし・・・メガネをかけた状態で歩き回ったり、首を振ったりする自分の姿が鏡に映っていると、さすがに微妙な雰囲気です。

posted by naturegirl at 20:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

これは是非実際に見てみたいものです。

The Magic The Memories and You HD from Martins Videos on Vimeo.



海外のディズニーワールド:シンデレラ城にプロジェクションマッピングした実例。
この凹凸感に映像を当て込むプロジェクションは見ごたえあります。
新旧キャラクタのオンパレードで、熱心なファンが編集したこの動画は上手に編集されています。
このサイズでこれだけの長編コンテンツというのは、夢ある空間を創出するプロジェクションマッピングの良例です。
posted by naturegirl at 17:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

monotron



12月上旬に発売予定ということで、そろそろ発売されたようです、KORG社の超小型シンセサイザ。
monotronシリーズ
KORG monotron
KORG monotron DUO
KORG monotron DELAY
を使ったデモ曲です。
価格を知って驚きのパフォーマンス。玩具にしては高度な仕様ですし、かといってこの曲レベルが実現可能というコストパフォーマンスの高さ…これは凄い。シンセサイザが身近に感じられる名機ですね。

最近のソフトウェアシンセが主流となっていますが、何と言っても物理フェーダ、物理ノブ、そして鍵盤等々…。
やはり指でダイナミックに触る、動かす、ことも重要ですね。


posted by naturegirl at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

Nokia Lumia Live ft deadmau5 lights up London with amazing 4D projection



ロンドンの巨大なタワー建造物に投影された広告としてのプロジェクションマッピング例。
プロジェクタを使用しているとはいえ、この大きな画面にどうやって投影しているのだろうか?種明かしは粋ではありませんが、この動画についてはどうしても手法を聞きたいです。
関連動画も多数存在し、ショー全体を通したフルムービーもいくつかありました。
この規模で、プロジェクションマッピングを行うことで、商品(この場では「携帯電話」)の認知度、宣伝効果は絶大で、ニュース性も高いです。
posted by naturegirl at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

プロジェクションマッピングとオペラ

タイトルでネタバレですが、まずはこの動画から。

IDOMENEO | behind the scenes from urbanscreen on Vimeo.


何やら、舞台美術にて造作を作り、色を塗り、なかなかの出来映えなオブジェクト。ですが、かなりいびつですね。
わざわざプロジェクションマッピングトレースの面倒な形状にしてますが…。

IDOMENEO | operatic staging from urbanscreen on Vimeo.


こちらが本番。オペラで使用されたプロジェクションマッピングの一例。
先ほどの造形物がしっかり役割を果たしています。いったいどのポイントからプロジェクタ投影しているのか、非常に気になる造形です。
フォローピンのように演者を追う光も映像演出のようですね。
posted by naturegirl at 20:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。