2009年12月18日

ケロミン開発日記

当ブログ11/9の記事でもご紹介したケロミン。
カエルのヌイグルミをまとった電子楽器です。
index01.jpg

形状だけでも、かなり愛嬌のある部類に入ります。カエル好きにはたまらないようですね。
背中(お尻?)側から手を差し入れて、口の開け閉めをすると音階を奏でます。
あくまで楽器ですので、演奏者と共に「腹話術」のようなパフォーマンスになります。
こんな「ケロミン」を開発された泣gゥロッシュ様の“開発日記”をNatureGirlのブログサイトにリンクさせて頂きました。
ケロミン開発日記
古い記事から読むと、「ケロミン」の誕生秘話から現在までの半生記を振りカエルことができます。

ちなみに・・・「ケロミン」は電池(単三×4本)で動きます。この電池がなくなると・・・
「完全になくなる直前に、断末魔の叫び…スイッチを押さなくても音が鳴ります。」<ケロミンQ&Aより抜粋>
とのことです。南無。
posted by naturegirl at 18:57| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。