2011年10月06日

SWYP

次世代プリンタのコンセプトモデル「SWYP」。
01.jpg

SWYP: See What You Print from Artefact on Vimeo.



「Radical simplicity(徹底的に簡素)」というデザインコンセプトに則った、操作性を可能な限り簡素に徹したものです。
・等倍表示のマルチタッチスクリーン
・スクリーン一体型プリンタ(出力サイズの等倍表示)
・無線通信によるプリント素材のやり取り
・排紙トレイが電源on/off代わり
という特徴を持ち、実にシンプルであり、シンプルが故に使いやすくまとまったプリンタと言えます。

SWYPはSee What You Printの頭文字で、印刷しようとするそのものを見る、というコンセプトを体現した名称です。
数年前まで様々な機能を多々取り込むことがもてはやされていましたが、オーバースペックであったり、何年たっても全く使わない、知らない機能などがあったりします。
そういった意味でもプリンタとしての機能に特化し、“印刷する”ことができる、しかも簡単に、分かりやすいこと、というストレートな使用感は重要なのだと思います。
posted by naturegirl at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。