2011年11月24日

iPadがデジタルミュージックの中心と化する。

iodock_io_web_lg.jpg

基本的に外部入出力端子類が簡素な構造のiPadですが、この「iO Dock - Pro Audio Dock For iPad & iPad 2」を使うと、既に多数存在するiPad用音楽制作アプリを使って、外部入出力を可能にする装置です。
フォン端子メイン出力、Directスイッチ、キャノン端子入力、ファンタム電源、フットスイッチ、ビデオ出力、MIDI入出力、USB端子といった至れり尽くせりの内容。
しかも価格は20000円ほどだそうです。
映像出力まであるそうで、iPadの操作画面を外部モニタに出力することもできるそうです。卓録派にとって便利かどうかは別問題ですが、ホームパーティの余興などで操作画面を映し出す、と言うのには使用できるかもしれません。

いずれにしても、iPad1ならかなり低価格になってますから、コスト面で嬉しい音楽制作環境なのかもしれません。


posted by naturegirl at 19:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。