2011年10月31日

Omni Touch

体ごとインタフェイスにするという技術。
どんなに進歩しても、人間の体の大きさは、ガジェットのサイズアップ&ダウンに比して大きく変化しません。
そんな、人間の体をもインタフェイスとして利用する、というアイディアがこちら。


動画中に、タネと仕掛けが分かります。というより、特に隠す必要も無いのですが、それなりの大きさのプロジェクタ&センサユニットを背負ってます。
ですが、物理インタフェイスを持たずに光信号・情報だけでインタフェイスとして機能させてしまう考え方は、この先、現実化していくのだろう、と思います。この考え方であれば、人間の体にとらわれず、壁や机上、その他あらゆる物質をインタフェイス化できるわけですね。
posted by naturegirl at 21:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

イベント告知「10/30&31 Mau Mapping 2011」

昨今話題になっているプロジェクションマッピングですが、武蔵野美術大学の学生さんが学園祭において、大規模なプロジェクションマッピングを日曜日と月曜日に行なうそうです。

『Mau Mapping 2011』

武蔵野美術大学映像学科4年生の5人で構成されたチーム「Rassell」。今回、校舎の壁にプロジェクションマッピングによる空間パフォーマンスを行います。

日時:10月30日(日)、31日(月)の全2公演
公演時間:30日(日) 19:00〜投影開始
     31日(月) 18:50〜投影開始

会場:武蔵野美術大学中央広場(西武国分寺線鷹の台駅下車徒歩約20分)
入場料:無料
主催:Rassell
協力:株式会社シネ・フォーカス
後援:プロジェクションマッピング協会
音楽:Christophe Charles

!cid_D0F19F1C-3D2E-4053-A12F-8233166BF93C.jpg !cid_7FE7A448-F9CC-4A67-97DD-84DFC5398B01.jpg

詳細はコチラまで→武蔵野美術大学芸術祭
posted by naturegirl at 15:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

イベント報告「10/23 PREV!EW」

行ってきました。先週末のイベントPREV!EW。
盛況な来場者の数々。相当数集まったようです。エントランスから中に入るのに並ぶほどでした。

ハコの中では、今回話題になった「ホログラムVJ」が展開されています。
スクリーンの存在しない中空に虚像が浮かび上がります。
すごい仕掛けです。
さらにこの「ホログラム」ぶりが伝わったのが、ダンサーやライブミュージジシャンなどの実像との連動時です。これはやはり不思議な印象です。浮かぶ“絵”がまとわりつくようなイメージですね。
ほんとに近未来のイベントというのが、今回のPREV!EWの印象でした。

このホログラム技術に機材協力されたのが下記の2社です。

Studio TED powered by Spin Inc.(http://www.spin-inc.co.jp/ted/)
今回のホログラムシステムのメインフレームを担う「Eyeliner」の取扱っておられます。
1.jpg

アークベル株式会社(http://www.arkbell.co.jp/)
高出力プロジェクタを機材協力されました。
2.jpg

ご興味をお持ちの方は、上記ホームページをご覧の上、直接お問合せ下さい。
今回のイベントに協力されたことからも分かるとおり、新しいことへの取り組みに前向きなスタッフを擁する企業です。
posted by naturegirl at 21:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

TOYOTA Touch Wall

behind the scenes: toyota touch wall from trisha victorio on Vimeo.



三枚の大型タッチパネルを使用したデジタルサイネージのアイディア。
大型スクリーンを使用し、インタラクティブなデジタルサイネージ仕様の製品として、とても面白い仕掛けが満載の内容です。
特筆すべきは、その「三枚を使用している」という点です。

一枚の大型作品として、左から右へ素材(例えば鳥や葉など)が移ろう様があります。
それとは異なり、まるでスロットマシーンのように三枚を個別に機能させることも可能とのこと。
この「連動と独立」を同時に制御するというのが、簡単そうに感じますが、非常に高度なプログラミングになるそうです。
posted by naturegirl at 19:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

iPad2 6倍望遠レンズ

デジタルカメラを想像すると、さすがにこのイメージはないでしょうが
tescfip2-002s.jpg
tescfip2-006.jpg
iPad2に望遠レンズを取り付けてしまうというもの。
コロンブスの卵もそうでした。一番初めは…なかなか受け入れられないものですが…。

iPad2に簡単に望遠レンズがつけられる「iPad2 6倍望遠レンズカバーキット」。
税込みで3000円を切る価格だそうです。
あっても良いかなぁ?と思う金額ですが、無くても困らないかも?と悩めるアイテムですね。
posted by naturegirl at 20:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月21日

プロジェクション・マッピングinチェコ

東欧系プロジェクション・マッピングの一つ、チェコからの、またも歴史絵巻的な作品。

erLab's [HU] videomapping in Olomouc 01.10.2011 [Official] from erLab on Vimeo.



ヨーロッパの近現代史において、切っても切れない「ユダヤ」や「ナチス」という事象について
実際にこの町で起こった事件をプロジェクション・マッピングという手法であたかも現実のように映し出します。
こういった歴史の一幕を空間演出で表出させる効果は大きいです。

青と橙の光球が建物の内部と外を行ったり来たりする様子など、分かっていても引き込まれる演出ですね。
posted by naturegirl at 19:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

今週末のイベントPREV!EW

今週末10/23(日)に、VJメインオーガナイズドのイベント「PREV!EW」が開催されます。

o0800056911539625884.jpg
10月23日(日) 16:00-22:00 麻布十番 WAREHOUSE702

ここでは、映像主導の技術やインスタレーションが体感できます。
特に話題なのが、「3DホログラムVJ」です。裸眼立体可視という大掛かりな装置に、どんな具合に映像演出表現されるのか、とても気になる内容ですね。
この「3DホログラムVJ」と共に、“触れて体感”可能なインスタレーション企画も予定されています。
いわゆるパーティーイベントとは一線を画した、VJ主導の空間演出イベントです。

詳細はコチラまで→PREV!EW
オフィシャルサイト→PREV!EW

告知ムービーもすごいことになっています↓
posted by naturegirl at 19:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

TGV



ヨーロッパの大動脈の一つ、フランスTGV。
その開通30周年を記念したイベントでのプロジェクション・マッピング。
リヨン駅に大掛かりな機材を設置して投影したそうです。
欧州版新幹線であるTGVの存在を6分ほどのショートムービー形式で紹介しています。
音楽も含め、静と動を上手に取り込んだ作品に仕上がっています。

国営交通ですが、こういったイベントでの使用するプロジェクション・マッピングの宣伝効果をよく理解しているのではないでしょうか?News効果も高いです。
5:15頃の“一瞬の静寂”もかなり凝った仕掛けです。
posted by naturegirl at 19:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

Contrex - Contrexperience



Contrex

日本国内でも知名度がある、フランスのミネラルウォーター。一般的な“水”よりも、ちょっと高めの価格設定で有名なです。
こういった宣伝広告でも、インタラクティブなインスタレーションを取り込んでいます。
内容も非常にユーモアに富んでおり、苦笑してしまうような、非常に好感の持てる宣伝ですね。これなら1本買ってみようかな、という気になります。
それにしても、衝動にOPENな描写は笑えます。まさにタイトル通り「Contrex経験」ですね。
posted by naturegirl at 18:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

DUMBO Arts Festival





9月にニューヨークで公開された建造物へのプロジェクション・マッピング。
その実際の風景と、テストパターンを作成している、2つの動画です。下の動画のようにテストパターン時に、既に完成度の高いコンテンツが準備されていると、本番のクオリティも高くなりますね。

特にワイヤーフレームの人の顔や手の動きなど、まるでキャプチャしたかのような場面があります。というか、多分キャプチャしたのでしょう。実際の建造物が歪んだり回転したり、というプロジェクション・マッピングの定番エフェクトも、なかなか美しいです。
posted by naturegirl at 18:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。