2011年01月31日

Virtual Light Desk

Appストア DMX.jpeg
Apple社がパソコン用に開発した簡易ソフト群(AppStore)に、DMX出力/制御を可能とする「Virtual light Desk」があるそうです。

24chの簡単なPCベースDMXコンソール、別途DMX/USBデバイスが必要になりますが、お持ちのMacをコンソールとして使用することが可能になります。ソフトウェアは¥700とのこと。
デバイス代金と24ch仕様という点を考えれば、512ch仕様のDoctorMXの方がコストパフォーマンスは高いと思われますが、MacもDMX対応という点に着目しつつある、という一つのニュースです。
posted by naturegirl at 19:15| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

光のオブジェ

インターネット上で表現する一つの映像作品として、撮影技術とLEDとターンテーブルとストップモーションを併用した作品。



CGでなく、ロクロ調に回転するターンテーブル上の実際の光(LED)を、
シャッタを開けっ放しで撮影し、それをパラパラ動画風につなぎ合わせたムービー化するという凝った演出。

このLEDはArduinoを組み合わせて制作されたそうです。まさにTron風な作品となっています。

posted by naturegirl at 18:42| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

キネクト

Kinect(キネクト)は、コントローラを用いずに操作ができる体感型のゲームシステムで、ジェスチャーや音声認識によって直観的で自然なプレイが可能となる。
Kinectとは、動力学を意味する"Kinetics"と、繋がりを表す"Connection"を組み合わせた造語である。

KinectSensor.jpg

昨年の終わりごろ発表された、ゲーム機用のセンサーシステム「Kinect」。
赤外線センサーとカメラにより、人間の動作をトリガとしてゲーム自体のコントロール信号として認識します。つまり、物理的なコントローラを必要とせず、体全体の動作で制御できるというものです。
しかも深度(奥行感)にも対応しており、複数の動作も感知するマルチプレイも可能とのこと。

VJパフォーマンスの一環としても注目されており、Kinectシステムを導入してMaxやQuartzComposerと併用することで、インタラクティブな表現方法が模索されています。

DJGJ.jpのサイトでも紹介されております。→「Kinect 出会い篇
posted by naturegirl at 21:02| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

KORG「nanoシリーズ2」

nano2_image.jpg

先日アメリカで開催された世界最大の楽器展示会「NAMM SHOW 2011」において、日本の電子楽器メーカーKORG社より「nanoシリーズ2」が発表されました。

前モデルのファーストシリーズnano製品は、安価で小型なMIDIコントローラとして、PCに繋いですぐに使用できる点からもVJの持込機材として重宝されていました。もちろん打込系/宅録系のミュージシャンにもユーザは多いと思います。
前モデルに比べて、丸みを帯びた外観に一新されました。
キーボードタイプ、パッドタイプ、フェーダ&ロータリータイプの3機種でホワイトとブラックの2色構成。
2月中旬頃から発売予定とのことです。

posted by naturegirl at 18:28| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

こういう方法もあるのですね。

素材群を拡張子別にまとめる作業は必要です。特に動画や静止画などは、使用するソフトウエアによって得手不得手があったりしますので。

Windowsの場合、アイコンの大きさを変えたり、プレビュー表示にして確認したりする方法がありますがアイコン自体を拡張子で見分けてしまうようにする、という方法があるのですね。
そういえばアイコンの変更もできましたね。

00_top_m.png

こんなアイコンフリーサイトもあるそうです。
確かにアイコンが色分けされていると、区別が付きやすくて非常に便利です。

posted by naturegirl at 18:40| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

映像による癒しの作品

túrána hott kurdís by hasta la otra
méxico!
from Till
Credner
on Vimeo.



心が和む、美しい作品。
写真を多数重ねて動画のように表現する“ストップモーション”技法による映像作品。
一つの素材としても完成度が高い点と、たとえば同じような情景で撮影することで似たような作品を作り出せそうな気にさせてくれます。
音楽もうまい具合にマッチしています。こんなVJパフォーマンスも良いかもしれません。
posted by naturegirl at 18:40| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

QC入門中の入門

Mac OSに付属するビジュアルプログラミング環境アプリケーション「QuartzComposer(=以下、QCと省略)」ですが、先日とあるイベントで、このQCを使ったパフォーマンスを行なう女性VJにお会いしました。その方が、実際にQCを使ったパフォーマンス方法を「DJGJ.jp」サイトで公開しております。

pic4.png
DJGJ.jp 「QC素材制作 入門の入門」

QCは深い造詣が無くとも、視覚的にモジュールを配置し、つなぐことでリアルタイム効果が視認できるのが特徴です。
今回のケースもMacOSのVer10.4で動作してしまうほど、簡単にシンプルに作ることが出来るので、VJパフォーマンスの一環として、QCを利用されているそうです。

たしかにQC素材は他の動画類と比べて負荷が少ないソースであり、マイク音声に反応するようなインタラクティブな素材も簡単に生み出すことが出来ます。
VJパフォーマンスの一つとして使用するのも(全ての素材をQCで、というのも意欲的な挑戦ですが)独創的な演出を生み出すことが出来ると思います。

そんなQCを使ったイベントが・・・↓
pic6.jpg
今夜、代官山AIRで開催されるそうです。
詳細はコチラまで→3+4BEAT

posted by naturegirl at 15:14| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

LIVE VJ



VJ mieさんが“LIVE VJ”と題した動画を公開されています。
VJパフォーマンスのみならず、インスタレーション/作品としてのVJを展開されているmieさんですが、今年は“VJ主導のイベント”を企画中とのこと。
動画に見られるような空間演出を前面にした“LIVE VJ”パフォーマンスも予定しているそうです。
詳細、決まり次第コチラでも紹介します。

VJ mieさん、昨日のイベント告知「DAY&NITE 2nd Anniversary」にも出演されます!
posted by naturegirl at 17:38| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

SmartWatch

新年早々、アメリカ ラスベガスではCESこと「International Consumer Electronics Show」が大々的に開催されています。
この展示会では、様々なガジェット類も多く展示されており、非常に興味深い新製品が並んでいるそうです。

untitled.bmp

Bluetoothに対応した試作腕時計で、今回のCESに展示されているようです。

Bluetoothに対応していることでスマートフォンと相互通信が可能、対応機器とのネットワーク接続、スマートフォンを介しての腕時計同士のコミュニケーション?などなど、単なる時計の枠を超えた、新たな時計“スマートウォッチ”の先駆けになるかもしれません。
・スマートフォンの着信や受信を腕時計でお知らせ
・腕時計を軽く叩いてスマートフォンの着信音やバイブ停止
・腕時計のボタン操作でスマートフォンのアラームやバイブ機能を作動
などの機能があるそうです。
この機能自体に、目新しさや必要性をあまり感じませんが、単なる“電話”にメール機能、カメラ機能が付いて、インターネットまで出来るようになり、さらに簡易パソコンと呼べるほどまで拡張した“スマートフォン”を考えると、この腕時計の将来も期待が持てます。

スマートフォンと連動した腕時計というのも一つのカタチですが、
個人的には、従来型電話のごとく、単に「電話できる腕時計」というカタチも良いと思うのですが、いかがでしょうか?
以前、似たような“ウォッチフォン”もあるようですが・・・。
posted by naturegirl at 18:11| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

Slingbox PRO-HD

info_07.jpg
Slingbox PRO-HD

デジタルTV番組のHD映像をネットを介して外部端末(パソコンやスマートフォン)へ転送するのが、この「Slingbox PRO-HD」です。

自宅のテレビの映像をネット回線を介して遠隔地のパソコンやスマートフォンで閲覧できるのが特徴。それだけなら、何もこの機材を使用せずとも良いのですが、このネット回線を使用することで、反対に遠隔地のパソコンから、自宅のテレビ関連機材も制御できるようになるそうです。
外部端末(PCやスマートフォン)から、自宅のレコーダ録画機能を制御して、見たい番組を録画するなどが可能。さらに自宅に保管してあるプログラムも外部端末で視聴が可能だそうです。
しかも、重要なのがフルHD解像度素材までネット送信が可能な点です。

すでにノートパソコンサイズのディスプレイモニタにも、1920×1080解像度(フルHD:1080i)に対応したモデルがラインアップされており、高解像度が当たり前の世の中になってきています。
これまで、高解像度と呼ばれた1080iクラスの動画までネット回線を通じて転送/視聴できるようになると、VJさんが使う素材も自宅のHDからネットで運ばれてくる、なんてパフォーマンスが主流になるかもしれません。

発売は来年2月上旬。価格はOPENですが、4万円を切る販売価格帯設定。

posted by naturegirl at 17:34| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。