2011年10月14日

009


古き良き漫画?アニメ?のサイボーグ009、そのリメイク版『009 RE:CYBORG』が来年の今頃公開されるそうです。
そのショートムービーが、某3D対応テレビのプロモーション用に制作されました。

販促用ショートムービーとあるように、物語性、作品としての評価はさておき、いかにも3D対応というようなカメラアングルや立体音域を感じます。
それと、9人のサイボーグたちの近現代化ぶりに、往年のファンは驚きが隠せないのでは???。
001から009までそれぞれに、突っ込みどころ満載の変わり方。
とは言え、リメイク版009はリメイク版009として、楽しめそうな気がします。

posted by naturegirl at 17:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

イベント告知「10/23 PREV!EW」

もうすぐですね。次のPREV!EW。
o0800056911539625884.jpg

先日のイベントでも既に公になっているので、OPENな情報なんでしょう、10/23のPREV!EWでは裸眼立体可視が実現されます。
VJとホログラムがどのように連動するのか?実に興味深い内容ですね。賛否両論あろうとも、こういった行い自体が尊いと思います。

さて、このPREV!EWではホログラム以外にも
・インスタレーション
・ライブセットDJ
といった、これまでのクラブイベントには無い催しがあるそうです。アトラクション?に近いのでしょうか?

詳細はこちらまで→PREVIEW
posted by naturegirl at 22:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

AirMag



映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2」に登場し、自動で靴紐が締まる(パワーレース)、あの未来スニーカーがNIKE社より発売されたそうです。
上部がメッシュ構造、ソール部分にLED搭載(充電式で5時間点灯可能)、実際のスニーカーとしての機能を考えて改良されてはいるものの、ほぼ劇中の意匠を引き継いでいるそうです。
残念なことにパワーレース機能は搭載されていませんが、今回は1500足限定での発売。価格は1000ドルとのことですが、この売上金はパーキンソン病研究助成基金へ寄付されるそうです。
posted by naturegirl at 20:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

イベント報告「10/10 macで羽ばたくVJセミナー第6回」

昨夜、VJセミナー第六回が終了し、全6回のセミナーが惜しまれつつ閉幕しました。
今回は「Next VJ」というキーワードで、VJ Mieさん、VJ Michiさんがゲストとして出演されています。

VJ Mieさんは既存のVJという概念に加えて、空間を映像でプロデュースする方向性を押し進め、VJによるイベント開催を続けられています。
10/23(日)開催予定の麻布十番WAREHOUSE702のイベント「PREV!EW」も、VJ主体のイベントとして注目されています。
内容詳細については、改めて、「PREV!EW」のイベント告知の際に。
o0800056911539625884.jpg

VJ Michiさんは、昨年夏、本年夏と二年連続で実施された逗子市のプロジェクションマッピングで地域と共に「プロジェクションマッピング」の啓蒙を進められています。特に地域の小学生を対象としたワークショップなどを通じて、映像の持つ素晴らしさを伝えることに注力されています。同時に日本プロジェクションマッピング協会を設立し、日本で最近話題になりつつあるプロジェクションマッピングを広く知らしめる活動をされています。
zushi3.jpg

このお二方のようにVJという一般的な枠に収まらず、様々な分野において映像を主体とした活動をされている"VJ"がおられます。
映像は既に見るものから、感じるものへ変わりつつあり、その架け橋としての"VJ"が必要になるのかもしれません。

全6回のセミナーを通じて、プロフェッショナルVJの側面を紹介し、VJの今後を指し示されました。
このセミナーの内容は、後日取りまとめて電子書籍化されるそうです。
posted by naturegirl at 18:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

Alpha Dog

第二次世界大戦でナチスドイツによる軍備増強に伴う、科学技術の目覚ましい発展はご存知かと思います。皮肉なことですが、兵器には新たな技術が次々投入され、やがて一般生活レベルに落とし込まれていく、ということは良くあります。

アメリカ陸軍向けに開発されたのが「LeggedSquadSupportSystem(LS3)」という試作品です。ロボットメーカが製作したもので、通称「AlphaDog」と呼んでいるそうです。



ロボットの進化は目を瞠るものがありますが、この4足ロボットの動きも秀逸です。
起伏のある土地を歩く、兵士の横を速歩で駆ける(約30kmまで)、重い荷物を運ぶ(約180kgまで)、といった性能を有しており、横倒しになった姿勢からも自立で起きることもできるそうです。

動画を見ていると、本当にその動きに驚かされますし、このようなロボットが戦地を走り回る光景もうなずけます。人間が入り込めないような劣悪環境でも動作できる、と言うのはロボットの強みです。できれば、戦場ではない、人の為になる環境でこういったロボットの勇姿を見たいものです。

posted by naturegirl at 18:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

SWYP

次世代プリンタのコンセプトモデル「SWYP」。
01.jpg

SWYP: See What You Print from Artefact on Vimeo.



「Radical simplicity(徹底的に簡素)」というデザインコンセプトに則った、操作性を可能な限り簡素に徹したものです。
・等倍表示のマルチタッチスクリーン
・スクリーン一体型プリンタ(出力サイズの等倍表示)
・無線通信によるプリント素材のやり取り
・排紙トレイが電源on/off代わり
という特徴を持ち、実にシンプルであり、シンプルが故に使いやすくまとまったプリンタと言えます。

SWYPはSee What You Printの頭文字で、印刷しようとするそのものを見る、というコンセプトを体現した名称です。
数年前まで様々な機能を多々取り込むことがもてはやされていましたが、オーバースペックであったり、何年たっても全く使わない、知らない機能などがあったりします。
そういった意味でもプリンタとしての機能に特化し、“印刷する”ことができる、しかも簡単に、分かりやすいこと、というストレートな使用感は重要なのだと思います。
posted by naturegirl at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

4K×2Kがスーパーハイビジョンへの橋渡しか?

テレビ業界では高精彩、高解像度のものが登場し、フルHD画格も一般的になってきました。
イベントで映像を扱う際にも、"フルHD"、”HD”というキーワードが、映像演出の一要素となっています。
1920×1080
という解像度のフルHDとはいえ、大きな画面になるほど、粗くなっていきます。家庭用テレビでは60インチサイズが境界線となるようです。(60インチのフルHDというのも、すごいスペックですが。)
60インチ以上を想定した、臨場感あふれる映像を再現するためには、4K×2Kクラスが適しているそうです。
3840×2160
という画格で、フルHDの4倍の高解像度になります。

ですが、4K×2Kサイズのコンテンツはほぼ皆無に等しい現在において、新解像度に対応させるために、ICC(Integrated Congnitie Creation:統合脳内クリエーション)という新たな技術があるそうです。
ICC技術自体は、光をありのままに再現することにより、遠近感や立体感、質感、臨場感において自然界に近いレベルまで高めることで、よりリアリティのある映像を生み出す技術であり、アップコンバートと連動させることで”フルHD以上のキメ細かさ”という家庭用テレビ向けの新基準が生まれるとのことです。早ければ来年には、ということです。

単なる高精細・高解像度にとどまらない、よりリアルな映像表現が可能になる技術、それがICCです。
posted by naturegirl at 23:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

イベント告知「10/10 macで羽ばたくVJセミナー第六回「ゲスト講演:michi氏、vj mie氏」

いよいよ最終回となる「macで羽ばたくVJセミナー」が来月10日にアップルストア銀座店にて開催されます。

viewimg.jpg
macで羽ばたくVJセミナー第六回「ゲスト講演:michi氏、vj mie氏」

プロジェクションマッピング協会代表であるVJ michiさんをゲストにお呼びし、日本のマッピングのこれからについて解説します。

本年夏に神奈川県逗子市の小学校社屋に向かって上映されたプロジェクションマッピング、あのイベントを指揮したプロジェクションマッピング協会から、代表のVJ michi氏が来場され、日本国内におけるプロジェクションマッピングの在り方について、VJという視点からディスカッションされます。
プロジェクションマッピング協会(Projection Mapping Association of Japan)
http://www.projection-mapping.jp/?page_id=85

昨今のプロジェクションマッピングについては、当ブログでも逐一紹介しておりますが、日本のプロジェクションマッピングを語る上で欠かせない、協会代表のお話が無料で聴けるイベントが今回のmacで羽ばたくVJセミナーです。
休日と言うこともあり、是非皆様ご来場下さい。
詳細はコチラまで→macで羽ばたくVJセミナー第六回「ゲスト講演:michi氏、vj mie氏」
posted by naturegirl at 18:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

Pendulum Waves


Pendulum Waves
長さの違う球体を振り子状に動かしてみると、この動画のような動きになる、というもの。
物理学的に証明可能な単純な動作なのかもしれませんが、何かに操られているような、不思議な映像です。この動画は一点のアングルから撮影されていますが、他にもいくつかの視点から見た同じ実験内容を散見できます。

一定間隔で(60秒周期?)で異なる動きをする振り子たち。驚きでしたので、紹介しました。
posted by naturegirl at 18:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

AMON TOBIN ISAM Live Visual Experience 2011



Visualizing ISAM from Leviathan on Vimeo.



ブラジル人DJアモン・トビンの「ISAM」ツアーで公開されたプロジェクションマッピング。
音楽とマッチングした映像表現、そして立体物投射による、奥行きのある演出となっています。

音楽的にも独特のエレクトロサウンドで、表現される映像もアブストラクトなものからインダストリアルなものまで幅広く、音だけでなく映像でもストーリーのような、メッセージのような、何か訴えかける秘めたものを感じます。

音だけでなく映像も一つの表現手法として取り込んでいくDJという姿は、今後の主流になるのかもしれません。
posted by naturegirl at 19:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。