2011年09月15日

デジ造ドキュメント

なんだか素敵な名称ですが、持ち運び可能なスキャナがこちら。
ph02.jpg
デジ造ドキュメント PCA-DSC

以下のような特徴があります。
・電源はACアダプタと充電バッテリの2通り。
・読み込んだ画像をSDカードかUSBフラッシュメモリに記憶。
つまり、小型・軽量(約600g)のPCレススキャナということです。
パソコンの無い環境でも、SDカードなどのメモリ媒体に読み込み、後でPCやスマートフォンなどで閲覧できる、しかも電源の無い環境でもスキャニング可能、ということです。

確かに、PCレス、ワイヤレス、でSDカード保存なんてとても便利です。デザインもちょっとしたペンケースみたいで洒落ていますし、一見しただけではスキャナとは思えない。なんだかスパイグッズの一つとしても使えそうな佇まいです。
これで無線LAN搭載のSDカード(Eye-Fiなど)が使えるなら、フルワイヤレススキャナですね。

posted by naturegirl at 19:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

イベント報告「9/12 macで羽ばたくVJセミナー#5」

1.jpg

昨日は、アップルストア銀座店において、macで羽ばたくVJセミナーの第五回を視察しました。
現代アートギャラリー「山本現代」から山本よう子さんがパネリストとして登場し、VJ、映像と現代アートとの関係性を解説されていました。
特に山本現代に関連する映像関連のアーティストとして
・宇川直宏氏
・高木正勝氏
・小林耕平氏
・小谷元彦氏
・宇治野宗輝氏
の作品と共に、その足跡を紹介されました。
ショービジネスと異なる側面を持つアートとしての映像作品が大半ですが、クライアントのない、制約の少ない環境でも、その作品が生み出すメッセージ性がアート作品として重要な要素になる、と山本さんはおっしゃってました。
これはVJのパフォーマンスにおいても同様で、何を目的に、何を伝えたいが為に、その素材を用いるのか?それを考えながら構築していくことも重要だと感じました。

次回のmacで羽ばたくVJセミナー第六回、最終回は来月10日(祝)となります。
posted by naturegirl at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

いよいよ、今夜はVJセミナー#5!

今夜は、イベント「macで羽ばたくVJセミナー」がアップルストア銀座3Fで開催されます。

全6回のこのイベントの中でも、今回は非常に貴重な体験ができる回と言えます。
現代アートと、ショービジネスにおけるアートの定義など、山本オーナーが見据える現代アートについて、じっくりと拝聴できる、またとない機会です。
是非、今夜のアップルストアでの「macで羽ばたくVJセミナー」にご参加下さい!

開場は18:30から、セミナーは19:00から開始されます。
詳細はコチラまで→macで羽ばたくVJセミナー第五回「ゲスト講演」
posted by naturegirl at 11:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

インストロメンタル・マッピング

Instrument Mapping from Chris Staring on Vimeo.



ギター、ベース、キーボード、ドラムとバンドには欠かせない楽器を背景としたプロジェクションマッピング作品。
見入ってしまうくらい、細かく様々な色使いの演出、またバックグランドに映し出される波打つような映像も秀逸です。
制作者のサイトには、この作品を作るにあたって使用したソフトウェア、カメラなど余すところなく紹介しています。
http://vimeo.com/28596581

posted by naturegirl at 18:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

TVもフリースタイルの時代

「フリースタイルAQUOS」は壁掛けや持ち運びに適したTVです。
20_10.jpg
20インチタイプの背面部。

チューナー部とディスプレイ部が分離し、その間の映像信号はワイヤレス伝送に対応し、TV自体も軽量化が進んだことで、これまで設置の難しかった場所にも容易に設置できるようになりました。
大型の60インチから、小型は20インチまで。従来品に比べて30%近くも軽量化されているとのこと。
アンテナコンセントのない部屋、あるいはアンテナコンセントから遠い場所でも設置できるという特性は非常に優れています。つまり、電源さえ取れればチューナは無くても良い訳です。
さてこの分離されたチューナ部とディスプレイ部はある程度の距離までしか対応していないのですが、仮に感度が悪い場合はWiFi無線ルータがあれば、その距離を大幅に伸長してくれるそうです。ということは映像信号もWiFiで送ることができるということですね。
posted by naturegirl at 18:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

イベント告知「macで羽ばたくVJセミナー 第五回」

来週の月曜日は、毎月恒例の「macで羽ばたくVJセミナー 第五回」です。
9/12(月)19:00-20:00 アップルストア銀座3F 入場無料 予約不要

前回までで、概要、現場力と個性、投資、ブランディングとVJ you氏が丁寧に解説して下さいました。いよいよ今回より、外部ゲストを招き、多方面から“VJ”について掘り下げていく内容となります。

来週のゲストは・・・現代アート業界から、山本現代のギャラリストでありギャラリーオーナーの山本氏が来場されるそうです。山本氏のセミナーを拝聴する、又とない機会です。これを逃すと次は無い、とまで言われています。
1.jpg
YAMAMOTO GENDAI

山本現代 YAMAMOTO GENDAI
2004年4月、文豪の花街・神楽坂の工場街にオープン。
2008年1月に港区・白金に空間を広げ移転。現代美術ギャラリー。
存/故、年齢、平面/立体/ヴィデオ/インスタレーションなどメディアを問わず、伝統技術を凌ぐような独特の技法を誇る作家を多くかかえ、既存のジャンルを叉に掛ける全方位的作品、及び鬼才を紹介。


是非皆様、お誘い合わせの上、ご来場下さい。
詳細はコチラまで→macで羽ばたくVJセミナー第五回
posted by naturegirl at 13:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

デイナイ、行ってきました。

先週日曜の渋谷にて、デイナイこと、イベント「DAY&NITE」を視察しました。
日曜午後から始まる、体に優しいオトナ向けイベント「DAY&NITE」ですが、今回も盛り上がっていました。
DJが紡ぐ爆低音、VJが繰り出す鮮やかな映像演出と共に、今回もレーザージョッキーoku氏が新たなレーザーマシンを引っ提げての異空間を生み出すレーザー演出が見ものでした。
美しい青色レーザーとRGBフルカラーレーザーの2機種を複数台使用した壮大な演出。
音と映像とレーザーがシンクロする演出に会場はとても盛り上がります。
今後のクラブイベントでは、VJと共に、レーザーによる演出の選択肢も増えていくことでしょう。
次回のデイナイも楽しみにしています。
posted by naturegirl at 19:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

OKYO

okyo004.jpg

最新版デジタルガジェットを扱う会社が、自動読経機「OKYO」を発表しました。
中身は内蔵された“お経”を読み上げるMP3プレイヤーです。形が位牌デザインである、というのが特徴です。

下部台座裏面にスピーカが内蔵され、外部USBから電源供給し、内部バッテリー駆動式。
宗教観によってはヒンシュクになりかねないガジェットではありますが、「なるほど」と感じ入る目の付け所かも知れません。
posted by naturegirl at 19:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

イベント告知「9/4 DAY&NITE」

DAY&NITE9-4-1.jpeg

今週のサンデイアフタヌーンはデイナイこと「DAY&NITE」です。
当ブログでも2カ月おきくらいにアナウンスしているイベントですが・・・
日曜の午後からスタートの、終電にはキッチリ間に合う、社会人のカラダにも優しい、月曜からのエネルギーを充電するに最適なイベントになります。

今回のイベントでもレーザー演出が予定されており、ILDAソフトを駆使したパフォーマンスになるそうです。さらに気になる新型レーザーもお披露目とか・・・?
当ブログをご覧になられた方なら、下記メールで一報頂ければディスカウント可能ですので、お気軽にどうぞ。↓
info@naturegirl.jp
*9/2(金)17時までの受信分に限ります。

イベント詳細はコチラまで→DAY&NITE OFFICIAL WEB SITE
posted by naturegirl at 18:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

スーパーコントロールベイブレード

ベイゴマの発展型「ベイブレード」に、赤外線制御可能な「スーパーコントロールベイブレード」が発売されたそうです。


駒の中に信号受信部があり、コントローラの3つのボタンを受信するそうです。
・正転(加速)
・反転(減速)
・回転数を増したターボボタン
を制御するそうで、上下左右(というか縦横と呼ぶべきでしょうか)好きな方向へ駒を移動させる、という訳ではなく、あくまでも回転数を増減させることで、大きく弧を描くのか?移動せず一定の場所で回転し続けるのか?を決定します。

非現実敵な動作も思いのまま、とまではいかず、なかなか操作は難しいのですが「駒を操る」という行為は少年少女の心をくすぐりますね。もしかしたらこの玩具は、少年時代にベイゴマで遊んだことのある世代にもおすすめかもしれません。
posted by naturegirl at 18:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。